« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月22日 (火)

ついに中止!F-1開幕戦バーレーンGP

渡航危険情報が流れるぐらいだもんね。中止は当然でしょうね。前回の記事にも書いたが、日本の外務省HPにも、バーレーンに対する渡航情報(危険情報)の発出 って出てるぐらいだもんね。

バーレーン国内の騒乱により、3月13日(日)に予定されていた2011年F1世界選手権開幕戦バーレーンGPは中止されることになった。バーレーン王国の皇太子とF1最高責任者バーニー・エクレストンが21日(月)の午後に話し合い、正式にこの決断を導き出している。

「現在この国の全体的な注目は、バーレーンにとって新しい国民的対話を築くことに集中されている」と語ったのはバーレーン皇太子。「寛大にもバーニー・エクレストンはレースの開催についてはバーレーンが決断するものであるという明確な立場を明かし、われわれとしては国家の注目点となっている事柄に早急に対処するのが重要だと感じた。そのため、バーレーンでのF1レースを後日執り行うことにした」と述べ、こう続けている。

「これまでに起きた出来事の後、われわれの優先事項は悲劇を克服することや分裂を正すこと、この国の構造を再構築することだ。そして、バーレーンという国が再び団結する能力を持っているということを世界中に思い起こさせることでもある」

また、3月3日(木)から4日間の予定で開催されることになっていたバーレーンテストも中止されることとなった。チーム勢は21日のバルセロナテスト終了後、代替地でのテスト開催について話し合うことになっている。

「バーレーンがレース開催をあきらめなければならないのは残念だ」と『BBC』に語ったエクレストンは「われわれは国家全体が癒されることを願っている」とも述べている。

http://ja.espnf1.com/bahrain/motorsport/story/41511.html

という事で、残念ではありますが今年のF-1開幕戦は、3/25開幕3/27決勝のオーストラリアGPとなりました。

428

アルバート・パーク・サーキットは非常設サーキットで、通常なら開幕戦を務めるオーストラリアGPが開催される一年に一度限りのコースだ。

雰囲気は独特で都市南部にまで繋がる人工的に造られた巨大な湖、その周辺には美しい公園が広がり、最高の設備を提供する芸術的なサーキットである。

一般 道路を利用した滑らかに流れるようなとても美しいレイアウトで、いくつかのシケインや、ブレーキングゾーンからの追い越しエリアなどを絡めた高速コーナー、中速コーナー、低速コーナーが程よく配置されている。

湖の周りを囲むように時計回りに走り、その景色の美しさは息を呑むほどである。それゆえ、メルボルンでのレースを楽しみにしているドライバーは数多い。

欧州の視聴者によるテレビ観戦を容易にすべく、ナイトレース化の話し合いが行われるも、FIAとレース主催者側は2009年のグランプリを現地時間17時にスタートするという妥協案に同意。契約延長により、アルバート・パーク・サーキットでのオーストラリアGPは2015年まで継続される予定だ。

2001年、ラルフ・シューマッハとジャック・ビルヌーブのクラッシュで外れたホイールがマーシャルのグラハム・ベバレッジ氏を直撃、命を落とした。

http://ja.espnf1.com/australia/motorsport/circuit/1318.html



フジテレビの総集編とは一味も二味も違い、放送では見れなかった映像や特典映像付き

2011年2月18日 (金)

バーレーン渡航規制がかかってた…|F-1バーレーンGP

どうしたんだ?いったい…と言うしかないね。チュニジアのジャスミン革命からエジプト騒乱、そして周辺各国のデモ発生。チュニジアの時は全然予想だにしなかったよ。まさかバーレーンでこんな事が起きてしまうなんて…

バーレーンって、もともとかなり豊かな国というイメージがあったんだが…
国民には所得税が皆無
世界第42位の金融センター中東ではドバイ、カタールに次ぐ第3位
F-1開催
などなど

でも、、失業率が15%超でGDPと比べて高いから、民衆の不満は高かったんだろうなぁ…

かつては絶対君主制で、「クウェートより危うい国」とされていたが、湾岸戦争以後、民主化を求める国民による暴動が絶えず、首長(シャイフ)であるシャイフ・ハマド・ビン・イーサー・アール・ハリーファの下で次々と民主化を実行し、2002年より立憲君主制を採用。シャイフ・ハマド・ビン・イーサー・アール・ハリーファ首長は国王(ハーキム)に即位した。二院制の議会を設置し、内閣には国王によって任命される首相を置き、男女平等参政権や司法権の独立など中東には珍しい体制を整えている。ただし、政党活動は禁止されている。


ちょっと気になって外務省HPを見てみたら…

バーレーンに対する渡航情報(危険情報)の発出(2011/02/18)

バーレーンに対する渡航情報(危険情報)の発出

-----------------------------------
 ●全土
    :「渡航の是非を検討してください。」(引き上げ)
-----------------------------------

 ☆詳細については、下記の内容をよくお読みください。

1.概況
(1)バーレーンでは、昨今のエジプト情勢等の影響を受け、2011年2月13日以降、政治改革を求めるデモ活動が発生し、死傷者が出ています。同15日には、首都マナーマの交通の要所「真珠広場」(パール・ラウンドアバウト)でデモが発生し、1000名を超えるデモ隊が同広場を占拠したところ、同17日、警察部隊が突入し、デモを強制的に解散させたため、新たに複数の死亡者と多数の負傷者が発生する事態に至りました。

(2)その後、バーレーン国防軍が市内各所に展開し、厳重な警戒態勢が敷かれ、主要な幹線道路も封鎖されました。他方、同年2月17日夕刻よりは、こうした警戒態勢が解除され、真珠広場を除くすべての道路は通行が可能となっています。

(3)しかしながら、今後の状況は予断できず、再び抗議デモが発生して警察部隊の衝突が発生する可能性があるほか、現在の状況がエスカレートし、更なる死傷者が発生する可能性も否定できません。

2.地域情勢
    全土:「渡航の是非を検討してください。」

(1)バーレーンの治安情勢については、これまでおおむね安定していましたが、昨今のエジプト情勢等の影響を受け、2011年2月13日以降、政治改革を求めるデモ活動が発生し、死傷者も生じています。同年2月15日には、首都マナーマの交通の要所「真珠広場」(パール・ラウンドアバウト)でデモが発生し、1000名を超すデモ隊が同広場を占拠したところ、同17日、警察部隊が同広場に突入し、デモを強制的に解散させる措置を講じたため、新たに複数の死亡者と多数の負傷者が発生する事態に至りました。この状況を踏まえ、同国の危険情報を「十分注意してください。」から「渡航の是非を検討してください。」に引き上げます。
  つきましては、同国への渡航・滞在を予定されている方は、報道等から最新の治安情勢について十分に情報収集し、渡航の是非について真剣に検討してください。また、滞在中の方も、デモ・集会等が行われている場所(特に真珠広場付近)には近寄ることなく、また不測の事態に巻き込まれることのないよう十分な安全対策をとってください。

(2)2007年、バーレーン国内においてテロを計画し、国際的なテロ組織への資金援助を行ったとしてバーレーン人6人が逮捕されたほか、2008年6月、バーレーン人2人が逮捕されるといった事案が発生しています。また、2008年12月、バーレーンの国祭日にテロ攻撃を計画していたとしてバーレーン人14人が逮捕されたほか、2009年4月、バーレーン国内においてテロを計画していたとして、バーレーン人2人が逮捕され、機関銃2丁、ピストル1丁、弾丸等多数が押収された事件も発生しています。

(3)バーレーンでは数年来、シーア派団体等による各地の反政府デモ・抗議集会の参加者が、タイヤやゴミを燃やして道路を封鎖したりして暴徒化し、これを解散させようとする治安部隊との間で衝突する事案が発生しています。今回、昨今のエジプト情勢等の影響を受けて活発化したデモ活動にはこうした背景があり、今後の情勢を注視する必要があります。

3.滞在にあたっての注意
 上記のとおり、バーレーンへの渡航については、情勢が落ち着くまでの間、その是非について慎重に検討し、情勢が更に不安定化する場合には、日程の変更を含めて十分な安全対策を講じてください。
  渡航・滞在が必要な方は、不測の事態に巻き込まれないよう下記の事項に十分留意して行動し、危険を避けるようにしてください。また、スポット情報も参照しつつ、日本国外務省、在バーレーン日本国大使館、現地関係機関等より最新情報を入手するよう努めてください。

(1)緊急時に連絡が取れるよう、現地の宿泊先や連絡先を、必ず在バーレーン日本国大使館に連絡してください。また、現地に3か月以上滞在される方は、緊急時の連絡等に必要ですので、到着後遅滞なく在バーレーン日本国大使館に「在留届」を提出してください。また、届出事項に変更が生じたときやバーレーンから出国する(一時的な旅行を除く)ときは、その旨を届け出てください。なお、在留届は、在留届電子届出システム(ORRネット、 http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )による登録をお勧めします。また、郵送、FAXによっても行うことができますので、在バーレーン日本国大使館まで送付してください。

(2)デモが予想される場合には、可能な限り外出は控え、安全な場所で待避してください。また、外出される場合には、デモ活動やテロ事件等、不測の事態に巻き込まれないよう、多くの人々が集まる場所(大型ショッピングモール)、軍関係施設、石油関係施設、及び主要欧米関連施設(各国の在外公館等の政府関連施設や主要企業関連施設等)への出入りを最小限にする等、自らの安全対策に十分注意してください。

(3)昨今のデモ情勢に鑑み、「真珠広場」(パール・ラウンドアバウト)をはじめとするデモ事案の発生場所、多くの群衆が集まりやすい広場等へはできる限り近寄らず、車両等で通過する場合も速やかな移動を心がけてください。

(4)夜間の外出は出来るだけ控え、やむを得ず移動する際は十分に注意してください。

(5)日本人を直接の対象とした犯罪の発生は確認されていませんが、外国人を狙った強盗、窃盗、暴行等の事件が少なからず発生しており、外出時や就寝時には十分に注意してください。

(6)バーレーンは、近隣諸国と比べ、宗教的には寛容な国ですが、イスラムの宗教、文化、社会的な習慣にも配慮する必要があります。特に、ラマダン中は、夜明けから日没まで、公共の場所で飲んだり食べたりすることのほか、喫煙も禁止されます。これに違反した場合、バーレーン当局は、イスラム教徒以外の外国人であっても法律によって処罰されるとしていることにも留意が必要です。

(7)バーレーンは一般的に運転マナーが悪く、交通事故が多発していることから、自動車を運転される際は細心の注意が必要です。

(8)万一、緊急に国外退避が必要となった場合に備え、パスポートやビザの有効期限、すぐに持ち出せる十分な額の現金やクレジットカード、航空券等の準備状況等を確認してください。


ダメぢゃん!
F-1みたいな、大勢の人が集まる催し物なんてめっちゃ危険って事ぢゃん。(><;
開催はともかく、観戦は無理だな。

今週末のバーレーンGP2(2004年までの国際F3000選手権が衣替えして新しくスタートしたフォーミュラカーによる選手権、F-1の下位カテゴリ)が中止になったわけだし…

こりゃ来月のF-1も無理っぽいな…

とはいえ、過去FOMのバーニー・エクレストン代表は、あの無茶苦茶な韓国GPを開催したツワモノ。
紛争が起きていてもやりかねん…

F1最終テスト、バーレーンの代替候補地にバルセロナが浮上

バーレーンで予定されている今年最後のプレシーズンテストが中止になった場合、F1チームはバルセロナに残る可能性が浮上している。

F1チームは18日(金)から21日(月)までバルセロナのカタロニア・サーキットでテストを実施。その後、開幕戦の舞台であるバーレーンで最終的な仕上げを行う予定になっている。

しかし、現在バーレーンは政治的混乱が続いており、2011年の開幕戦バーレーンGPは中止になる可能性が囁かれている。

だがF1チームとしては、厳しくテストが制限されたなかで4日間のテストを失いたくはない。

「最終テストが実施出来なくなった場合に利用できる日はあるかとFOTAから問い合わせがあった」とカタロニア・サーキットのヴィセンチ・アギレラ会長は El Pais はコメント。

ヴィセンチ・アギレラは、テスト終了後から3月上旬にかけて予約が数日入っていると述べた。

「しかし、F1から要求があれば最善を尽くすつもりだ」

F1チーム代表者はバーレーンの状況を議論するために18日(金)にバルセロナで会合を開くことになっている。

http://f1-gate.com/bahrain_gp/f1_10843.html

3月13日のF1バーレーンGPに先駆け、F1チームは3月3日~6日までバーレーンでプレシーズンテストを予定しているが、テストを実施する場合は来週金曜日までに荷物を発送する必要があるため、F1チーム代表者はバーレーンの状況を議論するために18日(金)にバルセロナで会合を開くことになっている。

http://f1-gate.com/bahrain_gp/f1_10837.html

20100126bahrain
一応予定では
バーレーンGP 3月11日~13日 決勝スタート15:00(日本時間21:00) バーレーン・インターナショナル・サーキット
となってます。


バーレーンの人々に言いたい。
民主化したってダメなものはダメよ。
日本の政局見てごらん。ひどいもんでしょ…


F1 2010

新品価格
¥5,790から
(2011/2/18 23:45時点)



PlayStation 3 (160GB) チャコール・ブラック (CECH-2500A)

新品価格
¥27,872から
(2011/2/18 23:49時点)


久々に懐かしい映像でも見るかな…

2011年2月10日 (木)

最低でも4年はやらないと判断できないでしょ

国政において、ひとつひとつ企画を実現していくと2年、3年はかかる。
ということは国政は小泉さん以降、首相や大臣は10カ月ぐらいで交代してきたから、この5年間、実体はなかったということです。

なもんで、ここ10年で評価できる(評価可能な)総理は、必然的に小泉さんだけ。良かれ悪しかれね。

ちなみに、よく言われる格差を拡大したという評価は全くトンチンカン。
この人以前から、格差は拡大傾向にあったよ。

それに構造云々より、派遣村を見ると、個々のやる気の無さが招いた格差と言いいたくなる。

「小泉改革が格差を作った」は朝日新聞のキャンペーンから始まった。と言うのは、昨今有名な話ですが、ええ、あの朝日ですよ。いつもカッコいい事言って、後はヒット アンド アウェイ新聞の朝日です。

参考:「小泉改革=誤り」はいつ生じたのか ことの始まりは朝日新聞の「格差社会」キャンペーン
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20090630/163922/

面白いので抜粋

副知事に就任して間もない2007年9月26日、都議会で共産党議員から次のような質問があった。 「構造改革路線によって、必死に働いても生活保護世帯以下の収入しか得ることのできない人が大量に生まれている。それでも自己責任の問題と片付けてよいのか」  これに対して、僕は2005年12月23日付の赤旗を根拠に反論した。  当時の赤旗は、「小泉改革が格差をつくった」などという乱暴な言い方はしていなかった。客観的なデータを提示して、格差問題を論じていた。1面で「貧困率 10年で倍加」と見出しを打ち、「OECD(経済協力開発機構)の比較調査では、日本の貧困率は、15.3%に達しています。10年ほど前8%台だったのが、約2倍に増加しています」と記している。  僕は、共産党議員に向かって、次のように答えた。 「構造改革が始まったのは2001年。貧困の問題が生じたのはバブル崩壊後の『失われた10年』と呼ばれる時期であり、構造改革によってワーキングプアが発生したわけではない。赤旗を読んでから質問してください」  議場は爆笑と拍手につつまれた。

最近、ブーメランが流行ってますねw

小泉さんが首相になる以前、いまから10年くらい前に、議員会館の会議室で開かれた超党派の勉強会に講師として招かれたことがある。小泉さんが呼びかけた、郵政民営化の勉強会だった。出席していた30人から40人の議員のうち、6~7割が民主党だったので、僕は「民主党の方が多いじゃないですか」と皮肉ったら、小泉さんは笑って「うん、いいんだよ」と答えた。2002年秋、暴漢に殺された石井紘基さんもいた。小泉さんと民主党の改革派は同じ主張だったのである。  道路公団民営化や郵政民営化は実現できたけれども、改革は道半ばだ。「大きな政府」は、まだまだ小さくなっていない。つぎの政権が改革を引き継いでくれないといけないのに、民主党は「改革がみんないけなかった。郵政民営化も間違っていた」などと言う。ともに改革を目指していた10年前の民主党はどこに行ったのだろうか。

本当に面白いですね。
歴史的事実をキチンと整合させると、今の世論がポエムに感じます。

まぁ、小泉さんの政策は長期に渡って行う第一歩を踏み出したに過ぎず、結果が出る前に麻生さんが戻して、馬鹿ども(ルーピー首相とパニック首相)が後退させちゃったので、判定までは出来ないんですが…

そもそも、1年程度の任期しか経ていない首相なんて評価できないでしょ。
まして、今の民主党なんて…

なんか、精神障害者を元首にしておくってまずくないかい?

顔やばいよ…菅パニック症候群だ! まばたき1分100回
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110210/plt1102101627006-n1.htm

自民党の谷垣禎一総裁や公明党の山口那津男代表が「マニフェスト破綻を認めよ」「衆院解散で国民の信を問え!」などと発言している間、菅首相は着席して聞いていたが、異常な数のまばたきをしていたのだ。

 本紙記者が数えたところ、まばたきはなんと1分間に100回前後。わざとやろうとしてできる回数ではない。そのときの菅首相の顔は真っ赤だった。

 この“症状”について精神科医の日向野春総氏は「25回でも多いのに、100回とは危険。パニック症候群に入っていると言っていい」と話す。

 「自分の生き方(=政策や政治姿勢)を否定されて、不安になり、パニックに陥ったのでは。1分間に100回となると、頭の中の思考は止まっている。論理的な思考ができなくなっており、同時に心拍数も上がる。顔が赤くなっていたのが、その証拠だ。想定していないことを聞かれると、思わぬことを口走る可能性がある。『助けて』と叫んで倒れてもおかしくない。放置すると、次の段階の『鬱』に進む。早く医者に診てもらい、薬を飲むべきだ」

 こんな“診断”を受けるような人物がいま、国政の頂点にいるのだ。

雰囲気やムードで投票行かないでね。
具体的に何が、誰が、悪いのか?
事実を積み重ねて判断してね。
真面目にこの国、ヤバイから。
愚かな国民のせいで…

壊れゆく国

新品価格
¥1,575から
(2011/2/11 00:13時点)

ブログネタ: ここ10年で評価できる総理は?参加数拍手

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »